【国内】京都・「好きでたまらなかった」高校女子教諭殺人未遂女子卒業生逮捕
今年2月、京都府園部町で、私立聖家族女子高校助教諭の柴田早苗さん (28)が首などを刃物で切られ重傷を負った事件で、園部署は6月8日、当時、同女子校3年生だった京都市内の女子専門学校生(18)を殺人未遂の疑いで逮捕した。専門学校生は調べに対して「先生が好きでたまらなかった。忘れるためには殺すしかないと思った。」などと供述している。


|milk vol.6 1998/06/22 |home1998

このページのトップへ戻る