【米】バクスジェン・エイズワクチン世界で初めて第3相試験実施へ
米バイオテクノロジー会社のバクスジェンは今月3日、同社が開発したエイズ感染予防ワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)が他人数を調べる第3相臨床試験の実施を許可したと発表した。同社によると、販売承認申請の一歩手前の第3相試験の実施にこぎ着けたのは同社が世界で初めて。タイでも同様の臨床試験を計画中で、タイ保険省の許可を得て今年秋にも開始する予定。

試験では、既にHIVに感染したパートナーを持つ人や薬物使用者を対象にワクチン接種し、体内で生産された抗体が実際にHIV感染を防ぐかどうかを確かめるという。


|milk vol.6 1998/06/22 |home1998

このページのトップへ戻る