【イギリス】同性愛者の承諾年齢を18歳から16歳に
18歳とされていた同性愛者の承諾年齢を、異性愛者と同じ16歳に引き下げるという法律改正が先月23日、英国下院で可決された。同性愛者たちは、この決定を画期的な前進と歓呼で迎えている。しかし、この決定が最終的なものとなるまでには、さらに上院での可決が必要となる。改正反対者の中には、これが同性愛者による子供の性的虐待につながりかねない。ひとたび16歳に引き下げられれば、今度は14歳にしろと要求するに違いないとする意見もあるが、同性愛者たちは、これは年齢の高低ではなく、異性愛者との間の平等を図ることが唯一の目的である、とそうした懸念を打ち消している。


|milk vol.7 1998/07/22 |home1998

このページのトップへ戻る