【米】メリーランド大学らグループ・エイズ新ワクチン2002年誕生へ
決定的な治療薬がないとされてきたエイズウィルス(HIV)の新ワクチンが2002年までに誕生する可能性が強まった。開発しているのはエイズウィルス発見者の一人、米・メリーランド大学のロバート・ギャロ教授と仏ピエール・マリー・キューリ大学のダニエル・ザクリ教授らのグループ。研究開発中のエイズワクチン「アンチtat(タット阻害ワクチン)」第1相臨床結果を、米有力医学誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・バイロロジー」に掲載した。

ザグリ教授はその中で「ワクチン接種の安全性が証明された。そしてHIV感染者全員に抗tat抗体ができた。これは、治療薬だけでなく予防ワクチンにもなり得る証拠だ。」と好感触があったことを報告した。

医学ジャーナリスト松井宏夫氏によると、FDA(米食品医薬品局)がザクリ教授グループが申請していたサルを使ったエイズ予防ワクチンの実験を許可。12月から米国内でスタートすることになった。この実験はワクチン接種後にHIVウイルスを投与するもので、この結果が成功すれば、治療薬、そしてエイズ予防ワクチンとして実効性の道が開けることになる。


|milk vol.9 1998/09/22 |home1998

このページのトップへ戻る