【イギリス】農相ニック・ブラウン氏が同性愛を告白
英国のニック・ブラウン農漁業食糧相(48)が11月7日夜、ゲイ(男性同性愛者)であることを明らかにした。同性愛をめぐる事件に巻き込まれたとの説も出ているロン・デイビス前ウェールズ相が先月末辞任して以来、同性愛が取りざたされた英閣僚はこれで4人目になった。ブラウン農相は、かつてのパートナーが日曜紙に2人の関係を暴露しようとしたのを知って、事前に、ゲイであることを認めたものだが、「金で男を買ったことは一度もない」ことを強調している。

同性愛に理解のある政治家として知られるブレア首相は、農相の談話発表後ただちに、農相を支援する異例の声明を発表した。首相は、長年の親友、ブラウン氏の性的指向を承知のうえで閣僚に任じたとの報道もある。


|milk vol.11 1998/11/22 |home1998

このページのトップへ戻る